o0640048010515226375
今回の滞在で、メストレネネウの道場のフィーリョス ジ ビンバって所で勉強させていただきました。
もちろん自分のメストレの了解をへて行ってきました(幸いブリーザとナヴィーニャ(ビンバの娘)は凄く仲がよく、よくGUETOの実家の方にもよく遊びにきています)

メストレネネウは知る人ぞ知るあのヘジョナウを作ったメストレビンバの息子であります。
彼は自分の父が教えたヘジョナウというものを忠実に再現しています。
アカデミアの中にはビンバの生徒達といっても、もうみんなおじいちゃんでメストレ達が沢山在籍しています。

でもその中でもメストレネネウが中心となって進めています。

今回は動きはもちろんの事、ネネウ氏とワンツーマンでビリンバウの練習ができた事が今年一番の刺激になりました。

メストレは僕が写真で見る限り、怖い人かな~って思っていたんやけど、時折冗談も言いうしヘジョナウに対しては妥協を許さない厳しい面があるんやけど、その言い方や物腰は非常に柔らかかったです。
なんかメストレビンバもこんな感じやったんかな~とか思いながら。

ビリンバウも毎回行くたび、ヘジョナウのトーキを習ったのですが、
その全てが今まで自分がやっていたものと違いました。
がーん
結構衝撃的でした。
知っていたと思っていた自分が恥ずかしいです。
それは単に僕が間違っているというのもありますが、トーキは細かく決まっているし、トーキの意味などCDじゃわかりきれないし
メストレいわく殆どのブラジル人達もが間違っていると・・・・
僕が知っているのが一般的だとしたら本当そうかも。

毎回の練習が発見だったし、今まで自分が中で疑問に思っていた事を質問をしてみたり、それを丁寧にメストレは答えてくれました。

ある日、ピトゥーバまで車で送ってくれました。

自分で「車はボロイけど人はよく運ぶぜ~」といいいながら。

ま「メストレ、メストレはサッカー好きっすか?」
ネ「おう、しないけど、たまに見るよ」
ま「どこのチームが好きなんですか?」
ネ「イピランガ」
ま「!!!!!」
ま「イピランガってあのパシチーニャが応援してた?」
ネ「そう、俺の父さんもイピランガファァン」
ま「まっ、まじ~~っ!!!!」

そうです、パシチーニャがイピランガのチームを応援していてそのチームカラーである黄色と黒を自分のグループに持ちいったのです。
今ではアンゴーラの殆んどのグループがパシチーニャに敬意を表して黄色と黒のユニフォーム着用してますが、
この話を聞いたとき、もしビンバが先に黄色と黒を利用していたら・・・

なんて一人で妄想してドキドキしてしまいました。

まっまぁ・・当時だれしもが応援する人気チームなだけだったと思うんですが 現在は2部リーグでがんばちょります。

などなど面白い発見がいっぱいありました
またヘジョナウの日記かきますね。