ブラジル2010 サンバヘギ
ノッサセニョーラ。バイーア、サルバドーについて4日目。

やっとネットできました。 今回で6回目のブラジル。

何回きてもこの距離にがっかりしつつも、それだけ地球の裏側って感じで、何もかもが別世界で新たな気持ちにさせてもらえます。

コスタ アズーって海沿いの町のHOTEL滞在しています。

念願でしたブラジルの携帯手にいれました。無駄に小さいやつです。

何かあれば連絡ください。バイーアにいる日本人の友達の方連絡いただければ幸いです。(71)87527981たぶん日本からだと市外局番いります。

 

カーニバル前ということで、いたるところでお祭り、出店、ライブです。 偶然ちがう町の出店の所で、GUETOの人たちがビリンバウオーケストラとしてショウをしていました。

思いがけないところでみんなに再会です。

o0640048010515263590

昨日はやっと海にも行きました。

夜はオロドゥンの公開DVD録画ライブ、今年はネギーニョドサンバ氏が死んでのカーバルなので、追悼イベント的な感じで盛り上がってきてるんですね。

そして、いってきました。ペロウリーニョに向かっていってきました

ついたらペロリーニョの坂の下からは警官がバリケードを張って、人数制限しております。坂ではすでにオロドゥンの演奏が始まっていて、ものすごい人。

そしてバリケードの前には入れない僕たち含めものすごい人、超満員電車にいる感じです。

もうぶっ潰されていました。満員電車がず~~っと続く感じ・バリケード抜けたら自分たちの意思とは関係なくもみくちゃにされながら勝手に上に押し上げられていきます。

今までカーニバルの中で過去最悪の最強のもみくちゃ度で、どこにも抜けれなくなってしまいました・・。

失神して運ばれていく人、ケンカ、その中での音楽に乗り歌う人、違う意味でのもみもみしてる人もいたし、僕はチャックにしめていれてあったお金全部持ってかれました~~~あぁ~~~俺の名詞と、テレカと金~っ。

(名刺はどうでもいいか・・・)

まぁ僕はその中で知っている曲が流れて歌って面白くなってきましたが一緒に行った人は泣きそうになってました。

普通のカーニバルなら、車が去れば抜け道があるんだけど、ペロリーニョの坂でのライブではどこにも抜け道がなくて、非難する場所もなくてなんとかVIPルームに引きあげてもらい、普通は入れないんですが、何とかどうにか奇跡的にそこの入り口で非難させてもらいました。

ライブではピータートッシュやらなんやらすごいゲストも来てて盛り上がっていましたが、まったくそれどころじゃなくて、見ることもなく、最後は超マッチョなVIPルームの警備員2人に守られながら無事かえることができました。

ん~~バイーアのすごさを感じた一日でした。一緒に連れて行った人たちごめんね~~。

でも僕はああいうの好きなんですよ~~!!!
とはいえなかった~~。笑

o0640048010515264586

オロドゥンの人達と