金沢・小松・高岡・福井・新潟・東京・大阪・名古屋のカポエイラグループ

GUETO・日本支部

文化連盟GUETOはブラジルバイーア州サルバドール市に本部を持ち、アルゼンチン、スペイン、コロンビア、エクアドル、台湾、日本にある団体です世界各国でカポエイラを通じたブラジル文化・国際文化交流を目指して活動しています。

GUETOとは「Grupo Unido Para Educacao e  Trabalhos 直訳すると「教育指導のために集まった団体」となります。

GUETO(ゲト)という言葉はブラジルにおいての貧困街(スラム)を指す意味もあります。GUETOで生活する人達に、まっすぐに生きてほしいという思いから、カポエイラを通して教育指導を行ったのが始まりです。ただ悪い意味合いだけではなく、そのGUETOの中で生きる人たちは繋がりが強く結束力があり、音楽やダンスなどの文化が優れているのもまたGUETOです。GUETOは黒人文化の宝庫です。カポエイラもまさに黒人文化の一つ。「カポエイラで何をするのか?カポエイラによって何ができるのか?」日本ではブラジルと同じ環境ではありませんが、カポエイラを通して多くの事を感じ、学ぶ事ができます。 この便利な社会の中で日本人が失った、魂で感じ踊る事、戦う勇気と力、家族や友人との絆、人を敬う心、そういう大切な事をカポエイラは呼び覚ましてくれます。

IMG_9072

◆日本支部

ゲトカポエイラ日本支部(GUETO CAPOEIRA JAPÃO)は石川県金沢市に本部を置き、全国13都市に支部があります。
CAPOEIRAを通してブラジル文化を学び子どもや青少年への教育、性別年齢を問わない仲間づくり、国際文化交流などを目的としています。

GUETO CAPOEIRA JAPAOの母体となる団体を2001年より金沢で活動を始め、代表の池崎が本場ブラジルのバイーア州カポイラ連盟より正式な指導者として認められて2006年に文化連盟GUETOの日本支部として活動を開始しました。
カポエイラには帯制度があり年に一度ブラジル本部より師範を招き昇段式を開催し本格的に学んでいます。日本支部からは毎年数人がブラジル本部へ学びに行っています。本物に触れ、技術や文化を学び真の意味での国際交流を図っています。また地元でのボランティアイベントなどにも積極的に参加し、カポエイラという文化を地域に根付いたものにしたいと考えています。
現在ゲトカポエイラ日本支部では4才~50才まで全国に220名以上のメンバーのが在籍する他、高校の授業(遊学館高校)フイットネスクラブ、文化センター、でもカポエイラを指導しています。小松市、能美市、高岡市、福井市、上越市、大阪(門真市、摂津市)東京都(品川区)の支部、新潟市(新潟)、名古屋市(愛知)札幌市(北海道)などでサークル活動をおこなっています。
その他にも、カポエイラの普及活動として、歴史を学ぶイベントCAPOERAGEM(カポエイラジェン)カポエイラを行う女性をテーマとしたイベントCAPOEIRA de SAIA(カポエイラ ジ サイア)子どもたちの為のカポエイライベントブリンカポエイラなど多くのカポエイライベントを石川にとどまらず全国で主催しています。
ゲトカポエイラはカポエイラを楽しみながら老若男女問わず広い世代が集まれるコミュニュケーションの場所であって欲しいと考えています。
グループの理念でもある、カポエイラを通しての教育を伝える為に活動しています。

IMGP4791 DSC08819IMGP7424

お問い合わせはこちら

PAGETOP
Copyright © Gueto-Japao All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.